スポンサーサイト

Posted by hauel on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGサザビー⑦

Posted by hauel on   4 comments   0 trackback

脚を長くしたかったので、皆さんの作例を参考にしながら足首の付け根を延長してみました~

まずは、切り取りたい箇所にケガキをいれます。
自分は目立てヤスリ風のダイヤモンドヤスリをつかっています。
直線のケガキには重宝します。
ホームセンターの工具売り場で見つけました~


切断にはタミヤの薄刃クラフトのこを使用していますが、安定してカット出来るものであれば良いかと思います。
厚みはおおよそ0.3mmですが、手ブレを加味し、0.5mm幅をみておいた方がよいかもしれません。


切断面の幅を測り、一ミリほど大きめにプラ板にマークします。
使用したのは、1.2mmプラ板です。


使い慣れている完全スコヤなど使用し直線で切り出します。
(直角に切り出せれば、何を使用してもよいです)


切り出したプラ板をプラ用接着剤で貼り合わせます。
厚みは今回、7枚重ねの8.4mmにしました。
メガネクリップなので、しばらく固まるまで放置しておきます。


切り離したパーツとプラ板の積層をプラ用接着剤で貼り付けます。


接着剤が乾いたら(環境にもよりますが、5日~一週間を目処にしています。)
補強のために、真鍮線を差し込むため最下部に穴を開けます。


プラ板の積層を越したら、引き抜き真鍮線を入れます(今回は1.0mmにしました)


真鍮線をカットし、補強終了。
接合部分をヤスリを駆使し整えます。
タミヤのクラフトヤスリPROなど金ヤスリで大まかに削ったあと、当て木をした耐水ペーパーで整面します。


仮組してみました。
大幅に可動範囲が広がりました。





脚の付け根も広がるように加工しました。
エッチングソーで慎重に切り取ります。
足首と合わせて、かなりの開脚が可能になりました。




隠れなくなるため、ディテールを施しました(三面)


リアスカートも後方に開くように、可動パーツを仕込んでみました。
(製作途中の写真取り忘れました…しかも撮った写真は上下反対になっています)
腰部後ろの固定部分を切り取ります。
可動パーツには、ボークス製のA_LOCKを使用しました。
ラチェット式でカチカチと角度が決まります。


リアスカートを取り付けると、こんな感じです。




といった感じで、粛々と進めております。

スポンサーサイト

Comment

ハウエル says..."こんにちは~"
ちくらさん

フレームの加工は、このくらいにします。
1センチ近くも延長しているので、これで短足には見えないと思います(^^)
大型なので自重でポキリは回避したかったので金属線を入れました。

あとは外装パーツ。
ふくらはぎを切断し、別パーツ化していますので(只今加工中)そのあたりが
出来次第UPしていきたいと思っております。

大したサザじゃないですが、温かい目で見てあげてください(^^;
2013.05.27 13:18 | URL | #- [edit]
ちくら says...""
サザビー順調に進んでますね、
足首だいぶ延長されましたね。
しっかりと補強されているのがさすがですね。
大型キット、頑張ってください。
2013.05.26 22:28 | URL | #SkrjrRto [edit]
ハウエル says..."こんばんは~(^^)"
大佐殿

「MG」は2作目なんですが、その大きさとパーツ点数にてんてこ舞いマイです。

でも大きいがゆえにディテも、それはそれはヤリ甲斐がありまして・・しんどいです。

A-LOCKは、仰る通りリボルテックのような感じです。
結構「固い」のでガレキなんかを可動させるには良いんじゃないかと思います。

締め切りに間に合うように頑張りまぁぁス!
2013.05.24 18:12 | URL | #- [edit]
大佐 says...""
MGを弄るのは勇気が要りますねえw

でも効果ありそう。

ディテール加工も手が込んでて素敵!!

ラチェット式の関節なんてあるんですね!!(リボルテックみたいな感じ?)

重量級キットにはいいかも(=゚ω゚)ノ

頑張ってください〜
2013.05.24 07:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hauel.blog.fc2.com/tb.php/115-c82d514a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。